優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

事前予習から業者選び、経営のコツまで、収益物件運営ガイド

京都府:京都市

ここでは、京都府京都市について取り上げ、不動産投資と収益物件の最新事情について解説していきたいと思います。平均想定利回りや平均地価などのデータに加え、地域の特徴や人気のエリア、物件例なども紹介。京都といえば歴史的建造物を思い浮かべますが、居住して生活する街としたてはどうなのか、見ていきましょう。

京都府京都市の不動産投資と収益物件、その実態とは?

京都府の景観ではまず、地域としての特徴から。京都という街は碁盤の目のように区画整理されていることが有名ですが、京都御所のある上京区、二条城のある中京区、西本願寺/東本願寺のある下京区でその傾向が顕著です。言わばこれらのエリアは京都市のセンターライン。そして下京区に鴨川を挟んで隣接する東山区も主要エリアとなっており、後述する地価においてもこれらが上位を占めています。

そしてこれまた京都に限った話しではありませんが、独身で若い方なら京都の中心地に近いエリアが人気。一方、ファミリー層は中心部からは距離を置いた、喧騒から少し離れたエリアを望む傾向が高くなります。投資マンションのニーズという観点から見ると、単身者向けなら前述のセンターライン周辺エリア、ファミリー層向けなら、山科区、伏見区、右京区などが狙い目となります。なお、北区については、賃貸ニーズが低く、不動産投資向きではないというデータがあります。

では、そんな京都市の平均地価について。2014年の数字として、市全体では1平米あたり27万7480円(出典:公示地価、基準地価の総平均)。ただしこれはあくまで平均値。最高値は中京区で63万円台、次いで下京区が57万円台でこれらが2トップ。以下、東山区と上京区が30万円台、北区、左京区、西京区が20万円台で、最小は山科区の14万円台という数字。

続いて、京都市の区分マンション向け想定利回り。こちらは一番高いのは山科区の13.5%。続いて伏見区が10%台で続き、右京区が9%台、最小は下京区と東山区が6.9%で並んでいます。なお、前述の通り北区は区分マンション向けの数値は算出されていません(出典はいずれも:HOME'S不動産投資)。京都の投資向け不動産市場、理解できましたか?

京都市 DATA

人口数:146万8,038人
平均想定利回り:6.9%(下京区/東山区)~13.5%(山科区)
平均地価:1平米あたり27万7480円(京都市全体)
家賃相場:ワンルーム= 43,000円(伏見区)~57,000円(下京区)、1LDK=65,000円(伏見区)~96,000円(東山区)、2LDK=76,000円(伏見区)~130,000円(中京区)

収益物件例

■区分マンション 1K 1,380万円 想定利回り:6.17%
所在地:京都市下京区高辻町、京都市営烏丸線「四条」駅より徒歩6分
専有面積:26.40㎡ 築年数:12年 
建物構造:RC(鉄筋コンクリート)
想定年収:85万1,460円
出典元:HOME’S

■区分マンション ワンルーム 390万円  想定利回り:9.53%
所在地:京都市中京区壬生東大竹町、阪急京都本線「西院」駅より徒歩8分
専有面積:17.28㎡ 築年数:25年 
建物構造:RC(鉄筋コンクリート)
想定年収:37万円2,000円
出典元:健美家

収益物件選びに困ったら 信頼できる不動産業者特集

知っておくべき 収益物件勝者の法則

知らなきゃ損する収益物件のメリット
儲かる収益物件を手に入れる2ステップ
買うならどっち?収益物件AorB
不動産投資の不安解消レッスン
今さら聞けない収益物件利回りのしくみ
注目エリア別収益物件ナビ【関東編】
注目エリア別収益物件ナビ【関西編】
収益物件のおすすめ不動産仲介会社を比較

PAGE TOP