優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

事前予習から業者選び、経営のコツまで、収益物件運営ガイド

相続税などの節税効果もアリ

ここでは、マンション経営による税金対策など、収益物件のメリットを詳しく掘り下げて説明していきたいと思います。しっかりと理解するようにしてくださいね。

収益物件のメリットは?マンション経営のうまみ

マンション・アパート物件には、減価償却や必要経費が認められます。不動産物件を入手すると不動産所得が発生するので、確定申告をしなければいけません。

しかし、物件取得の際に支払った不動産取得税や登録免許税、建物の減価償却費、金利などは、経費という扱いになるため、購入初年度はどうしてもマイナスになる場合がほとんどです。

これらは、給与所得と同じくくりで計算できるので、不動産経営を始めた最初の年度については、税金対策としては有利です。

ちなみにより高度なウラ技(?)としては、複数の投資用マンションを購入しようとする場合、毎年1件ずつ買い増すことで、毎年安定的に取得費用を発生させ、物件を積み上げていくという投資戦略を取ることもできます。

そしてもうひとつ、収益物件のメリットと言えるのが相続・贈与税対策に有効であること。現行の税制システムにおいて、現金はその額面、有価証券は時価に対して課税されます。一方、不動産のメリットは、課税の対象が時価の1/2~1/3程度で済むこと。これは、固定資産台帳・路線価方式などで作られる評価額が課税の対象になるからです。

加えて、住宅ローンを利用しているなら、債務の残りを控除した上で評価されます。誰かと建物の賃貸契約しているなら、評価額はさらに30%の控除も可能となります。

つまり、現金や有価証券などは相続する際に資産価値のほぼ100%が課税対象となってしまうのに対し、不動産の場合は時価を大きく下回る額が課税対象となり、さらにローン利用や賃貸利用の場合はより減額となるというメリットがあります。この点も収益物件ならではのメリット。これでもまだ迷う理由があるのですか?

収益物件選びに困ったら 信頼できる不動産業者特集

知っておくべき 収益物件勝者の法則

知らなきゃ損する収益物件のメリット
儲かる収益物件を手に入れる2ステップ
買うならどっち?収益物件AorB
不動産投資の不安解消レッスン
今さら聞けない収益物件利回りのしくみ
注目エリア別収益物件ナビ【関東編】
注目エリア別収益物件ナビ【関西編】
収益物件のおすすめ不動産仲介会社を比較

PAGE TOP