優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

事前予習から業者選び、経営のコツまで、収益物件運営ガイド

金利上昇・価格変動

ここでは、マンション投資における借入ローンの金利上昇リスクや価格変動リスクについて概要と対策を述べていきたいと思います。金利や地価は中長期的な視点に立ったリスクヘッジが必要です。投資も人生も、目先のことばかり考えていると、思わぬ落とし穴があるものですよ…

マンション投資、金利上昇や価格変動リスクへの対処とは?

ローン金利が上昇した場合はどうなる?

マンション価格や家賃相場とならび、賃貸経営に大きく関わってくる、金利の変動。本来マンション投資というのは、利回りは高いので、多少金利が上がっても収益には大きな支障はありません。また、金利の上昇は、経済の活発化をあらわすことでもあるので、ときには賃上げを考える可能性もあります。

ローン金利上昇で備えておくべきことは?

何が起こっても不思議ではない昨今、「景気回復を伴わない金利上昇」という事態が起こらないとは言い切れません。変動金利型のローンを利用している場合は、特に注意が必要で、運用計画を組み立てなおすのが効果的です。普段からそのための資金を準備しておくといいでしょう。

価格変動リスクとはどのようなもの?

例えば同じような立地と間取りだったとして、築30年と新築のマンションではどちらの家賃が高く、資産価値も高いかは、小学生でも分かりますね。文化財にでもならない限り、物件の価値は時間とともに下がり続けるのです。当然のことなのですが、こうしたリスクを価格変動リスクと呼びます。

物件価値を下げないポイントはあるのか?

区分マンションへの投資の場合、チェックすべき重要ポイントは、共用部分の管理・維持体制です。管理会社が、管理費に応じた補修や清掃をしているかどうかが重要です。また大規模な修繕工事はどの程度の周期で行われるのかも重要です。しっかりとした修繕工事やリフォームによって資産価値がアップすることも有り得ます。

物件オーナーとして、しておくべきことは?

管理状況の確認をおろそかにせず、管理費と修繕積立金がきちんと使われているかを確かめることです。投資用で実際に自分が居住するわけではないという考えは捨ててください。管理体制が杜撰なら、区分所有者が集まる総会で管理会社を変更する決議などをすることも視野に入れるべきです。

収益物件選びに困ったら 信頼できる不動産業者特集

知っておくべき 収益物件勝者の法則

知らなきゃ損する収益物件のメリット
儲かる収益物件を手に入れる2ステップ
買うならどっち?収益物件AorB
不動産投資の不安解消レッスン
今さら聞けない収益物件利回りのしくみ
注目エリア別収益物件ナビ【関東編】
注目エリア別収益物件ナビ【関西編】
収益物件のおすすめ不動産仲介会社を比較

PAGE TOP