優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

事前予習から業者選び、経営のコツまで、収益物件運営ガイド

購入前 ~仲介会社とローン利用のすすめ~

ここでは、不動産投資として収益マンションを入手する際に、あらかじめ理解しておくべきローンと仲介会社のことを説明していきます。知らずに後悔しても、それはあなたの責任ですからそのつもりで。

ローンと仲介会社の活用のすすめ

不動産投資として収益マンションを入手し、賃貸経営で収入をあげるためには、餅は餅屋の諺通り、その道のプロである仲介会社の協力を得た方がスムーズに事が運びます

多様化する入居者ニーズへの対応やさまざまな折衝、入居者の募集や確保、物件の管理など。これらを正業と並行して行うことは困難です。オーナーのパートナー兼アドバイザーとして賃貸経営を支える専門家は不可欠なのです。もちろん、オーナー自身ですべてを行いたいというなら、止めはしません。自己責任でどうぞご自由に

仲介から販売後の管理までを一貫して請け負っている会社をパートナーに選べば、成功の可能性は格段に高まります。購入の時点で入居者の状況を正確に把握しているので、実質利回りを正確に算出してもらえます。また購入後も物件の管理に詳しいので、的確ですばやい対応が期待できます。物件を購入する段階で、このような業者かどうかを見極めることが肝心ですよ。

優れた仲介業者であれば、物件購入の際のローンに関してもサポートが期待できます。ローンで収益物件を購入する際、資金計画というものが必要になります。物件を購入する費用はどのくらいで、そのうち自己資金はいくら必要で、ローンに頼るのはいくらか。部屋の間取りや、ひと月の家賃はどれくらいと考えているのか。さらに月々どれくらい返済するのかなど。

このような資金計画をもとに融資を申し込み、審査にパスすれば晴れてローンを組むことができます。ただし、この審査というのも決して一筋縄でいきません。計画の見直しを求められることもしばしば。その点、優良でノウハウに長けた仲介業者は、強い味方になってくれます。さまざまなアドバイスや金融機関への口ききなども期待できるのです。

なお、収益物件の購入には「アパートローン」というものがあり、この融資を受けられるか否かが賃貸経営成功の分かれ目。金融機関によって多少差はありますが、一定の自己資金が必須で、こと細かな条件をクリアしなければならないのです。例えば、物件価格の10~30%、プラス諸経費分を自己資金として用意する必要があったり、「借主の住所」と「購入物件の住所」、双方のエリアに支店を持つ金融機関でなければ受けられなかったり、など。

収益物件による賃貸経営は、優れた仲介会社を味方につけ、「アパートローン」に関する知識を深めておくことが重要です。このことをしっかり踏まえておくのです。さもなければ・・・大火傷しますよ

収益物件選びに困ったら 信頼できる不動産業者特集

知っておくべき 収益物件勝者の法則

知らなきゃ損する収益物件のメリット
儲かる収益物件を手に入れる2ステップ
買うならどっち?収益物件AorB
不動産投資の不安解消レッスン
今さら聞けない収益物件利回りのしくみ
注目エリア別収益物件ナビ【関東編】
注目エリア別収益物件ナビ【関西編】
収益物件のおすすめ不動産仲介会社を比較

PAGE TOP