優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

優良収益物件を見極める不動産投資レッスン

事前予習から業者選び、経営のコツまで、収益物件運営ガイド

マンションor店舗

ここでは、不動産投資で賃貸経営を行う対象として、マンションと店舗の違いを比較検証。店舗への投資を考えるなら、必見です。

マンションか店舗か、それぞれのメリット・デメリット

 「不動産投資で、店舗の賃貸経営も考えているのですが…」

率直に言ってしまえば、マンション投資はローリスク・ミドルリターンだけれど、店舗への投資はハイリスク・ハイリターン。大きな利益が期待できる反面、損益が大きくなる可能性もあることを理解しとくべきね。

ひと口に不動産投資といっても、いろいろなタイプがあるのよ。

今、アナタが考えている店舗への投資の場合、比較的賃料を高く設定できるわ。居住向けはあくまで住む場所、店舗向けは経済活動を行う場所という根本的な違いがあるからね。高めの利回りが期待できる。

ただし、これは大都市圏の場合で、地方などでは住居向けと店舗向けであまり差がないということも覚えておきなさい。

「なるほど。ほかにメリットはありますか?」

ほかのメリットは、住居向けよりも店舗向けのほうが敷金を高く設定できることね。住居向けは家賃1~2ヵ月分なのに対し、店舗向けなら半年分や1年分。敷金の一部は償却され、テナント退出時に返却不要となるケースもあるの。

しかも、店舗ならではの利点として、テナント退出時の原状回復は原則、テナント側がスケルトンの状態に戻して返還するから、その費用がかからないのよ。

「でも、やっぱりこわいな…リスクはどうなんですか?」

最大のリスクは空室リスク。住居の場合、景気が悪くなっても即座に転居とはなりにくいけど、店舗の場合は閉店や撤退、賃料の安い物件への移転などが容易に起こるものなの。

またメリットである賃料の高さというのは、不景気時には諸刃の剣となり、住居向けより値下げ幅を大きくしなければならないという事態も起こる。それこそ半額まで値下げというケースも。ハイリスク・ハイリターンといわれるゆえんね。

ほかにも金融機関の審査が住宅系よりも厳しかったり、テナントとなる企業の経営状態を審査されたりするわ。店舗専用物件には融資しないという金融機関もあるくらいなの。

もうひとつ、店舗向け物件は地震保険には加入できないということは覚えておくべきね。店舗総合保険などに「地震危険補償特約」を付けられるケースもあるけど、条件や保険料は保険会社次第。

「僕みたいな男はやらない方がいいのかな…?」

投資には少なからずリスクはつきものだから、考え方次第ね。

例えば、住宅併用という1階部分が店舗向け、2階以上は居住向けという物件、あるいはマンションと店舗の同時投資でそれぞれのメリットとデメリットを相殺するという作戦もあるわ。

マンションと店舗を両方扱っている仲介業者なら、相談に乗ってくれるはず。不安を行動に変えられる男が成功できるのよ、がんばりなさい!

マンションと店舗、双方を仲介可能な不動産投資会社

クリスティ http://www.christy.co.jp/

不動産投資に特化した会社ゆえに、居住向け物件のみならず、店舗やオフィス向け、倉庫なども幅広く取り揃え。ただし関東に限られます。

  • 取扱メイン:一棟マンション、区分マンション、店舗など
  • 対象エリア:関東 (1都6県)
  • 所在地:埼玉県さいたま市大宮区上小町482-2 第8横溝ビル2階

ノムコム・プロ http://www.nomu.com/pro/

大手野村不動産グループだけあり、店舗やオフィスなども取扱い。さらには、ホテル・旅館や寮・社宅向けなどまでもカバー。全国をカバーしています。

  • 取扱メイン:区分マンション、一棟マンションなど
  • 対象エリア:全国
  • 所在地:東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル

収益物件選びに困ったら 信頼できる不動産業者特集

知っておくべき 収益物件勝者の法則

知らなきゃ損する収益物件のメリット
儲かる収益物件を手に入れる2ステップ
買うならどっち?収益物件AorB
不動産投資の不安解消レッスン
今さら聞けない収益物件利回りのしくみ
注目エリア別収益物件ナビ【関東編】
注目エリア別収益物件ナビ【関西編】
収益物件のおすすめ不動産仲介会社を比較

PAGE TOP